プロフィール

よしみ

Author:よしみ
メルマガばっか載せている。
そんな私はレイソルサポ(^ε^)♪
でも、俊輔や市川も好き(`・ω・´)

ラグビーだって好きだし(^_^)vマジ燃える( ̄^ ̄)
バレーも好き(´∀`)
そんなスポーツ大好きな私です(´・ω・`)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

HD動画対応!Youtubeダウンローダー


よしみの主張!!!
私のその時書きたいことを書いていく日記('-^*)/そして、ラグビーのメルマガも載せてます( ´ー`)何でもありなブログ(笑)
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
「第92回 全国高等学校ラグビーフットボール大会」出場校 
2012/11/26 【Mon】 19:25
CATEGORY【スポーツ】
Aシード、Bシード該当校は、校名の前に書いています。

[北海道地区]
北北海道:北海道遠軽高等学校(3年連続8回目)
南北海道:札幌山の手高等学校(13年連続13回目)

[東北地区]
青森:青森県立青森北高等学校(2年連続14回目)
岩手:岩手県立黒沢尻北高等学校(7年ぶり3回目)
宮城:仙台育英学園高等学校(17年連続19回目)
秋田:≪A≫秋田県立秋田工業高等学校(2年ぶり64回目)
山形:山形県立山形中央高等学校(15年連続21回目)
福島:福島県立平工業高等学校(4年ぶり13回目)

[関東地区]
茨城:≪B≫茗渓学園高等学校(3年ぶり18回目)
栃木:國學院大学栃木高等学校(13年連続18回目)
群馬:群馬県立太田高等学校(初出場)
埼玉:≪B≫埼玉県立深谷高等学校(5年連続6回目)
千葉:≪B≫流通経済大学付属柏高校(18年連続20回目)
東京第1:≪B≫國學院久我山高等学校(22年連続38回目)
東京第2:東京高等学校(2年連続9回目)
神奈川:≪B≫桐蔭学園高等学校(8年連続12回目)
山梨:山梨県立日川高等学校(7年連続42回目)

[中部地区]
長野:長野県岡谷工業高等学校(2年ぶり25回目)
新潟:新潟県立新潟工業高等学校(9年連続37回目)
富山:富山第一高等学校(2年連続7回目)
石川:日本航空高等学校石川(8年連続8回目)
福井:福井県立若狭東高等学校(2年連続26回目)
静岡:東海大学付属翔洋高等学校(4年ぶり9回目)
愛知:名古屋市立西陵高等学校(3年ぶり39回目)
岐阜:関市立関商工高等学校(2年連続33回目)
三重:三重県立朝明高等学校(3年ぶり3回目)

[関西地区]
滋賀:光泉高等学校(2年連続4回目
京都:≪B≫京都市立伏見工業高等学校(2年ぶり19回目)
大阪第1:≪A≫常翔学園高等学校(2年連続33回目)
大阪第2:≪B≫大阪朝鮮高級学校(4年連続 7回目)
大阪第3:大阪桐蔭高等学校(2年ぶり7回目)
兵庫:≪B≫報徳学園高等学校(3年ぶり39回目)
奈良:≪B≫奈良県立御所実業高等学校(5年連続8回目)
和歌山:和歌山県立和歌山工業高等学校(4年連続20回目)

[中国地区]
鳥取:鳥取県立倉吉総合産業高等学校(2年ぶり3回目)
島根:≪B≫石見智翠館高等学校(22年連続22回目)
岡山:岡山県立倉敷工業高等学校(2年ぶり3回目)
広島:尾道高等学校(6年連続7回目)
山口:山口県立萩商工高等学校(11年連続19回目)

[四国地区]
香川:香川県立坂出工業高等学校(2年連続20回目)
徳島:徳島県立貞光工業高等学校(5年連続23回目)
愛媛:愛媛県立三島高等学校(3年ぶり3回目)
高知:土佐塾高等学校(5年ぶり12回目)

[九州・沖縄地区]
福岡:≪A≫東福岡高等学校(13年連続23回目)
佐賀:佐賀県立佐賀工業高等学校(31年連続41回目)
長崎:長崎南山学園高等学校(3年ぶり3回目)
熊本:熊本県立荒尾高等学校(2年ぶり6回目)
大分:大分県立大分舞鶴高等学校(27年連続51回目)
宮崎:宮崎県立高鍋高等学校(2年連続20回目)
鹿児島:鹿児島実業高等学校(2年ぶり14回目)
沖縄:沖縄県立コザ高等学校(2年連続12回目)

スポンサーサイト
perfect★rugby841 
2012/11/26 【Mon】 19:25
CATEGORY【perfect★rugby】
購読はに空メ♪無料


※試合結果※

◎欧州遠征
(1)JAPAN XV 3-19 バスク選抜
【メンバー】
1浅原拓真、2太田春樹、3 山下裕史、4伊藤鐘史、5真壁伸弥、(6)マイケル・リーチ、7マイケル・ブロードハースト、8ホラニ龍コリニアシ、9日和佐篤、10田村優、11今村雄太、12林泰基、13有賀剛、14山田章仁、15田邉淳
【リザーブ】
16堀江翔太、17吉田康平、18畠山健介、19村田毅、20ヘンドリック・ツイ、21小野晃征、22立川理道、23仙波智裕
【スコア】
PG:田邉淳(前半5分)

【入替/交替】
交替/前半 4分 7 → 20
入替/後半 0分 2 → 16
入替/後半 7分 3 → 18
入替/後半 7分 10 → 21
入替/後半 7分 12 → 22
入替/後半 22分 8 → 19
入替/後半 23分 15 → 23
入替/後半 26分 1 → 17


【エディー・ジョーンズHC】
負けたことがすべて。
日本はまだ強くないと証明した試合だった。
スクラムの反則数を考えると、(2015年のワールドカップまで)3年間かけて、スクラムをもっと強化しなければならない。
選手一人ひとりのスキルも足りなかったが、そこは早く修正可能だと思う。
負けた試合に評価できるところは何もないが、選手たちが本当に勝とうと思って試合に臨んだことだけは良かった。
(6月の)フレンチ・バーバリアンズ第1戦の時に比べて、意識の持ち方が成長していた。

【マイケル・リーチ ゲームキャプテン】
悔しいが、最初から最後までファイトを続けていたので、試合を通じてレベルアップできたと思う。
試合終盤に(トライを)取れるチャンスがあったが、取り切れなかったのが残念だった。

【有賀 剛 バイスキャプテン】
勝てなかったけれど、いいプレーもたくさんあった。
何よりも選手みんなの勇気がみえたので、チームの成長が感じられた。
あと1試合あるので、下を向かずにやっていきたい。

【堀江 翔太 選手】
決めるべき得点機に決め切れなかったり、ゴール前でミスしたりする場面が多かった。
スクラムは遠征初戦のルーマニア代表戦に比べて少しずつ改善されてきている。

【日和佐 篤 選手】
自陣から相手ゴール前まで攻め込みながらノックオンとか、ファンダメンタル(基本)のミスがあったが、レベルは上がっていると思う。

【田村 優 選手】
タフな試合だったが、楽しかった。
アタックできるチャンスは少なかったが、ディフェンスはできたと思う。
ゲームコントロールを勉強できて、いい経験になった。

【山田 章仁 選手】
すごくエキサイティングな80分間だった。
ここをスタートラインにして、同じポジションであるキャプテン廣瀬さんとベテランの小野澤さんに一歩でも近づけるようにがんばっていきたい。

【田邉 淳 選手】
勝てる試合だったのに、チームを波に乗らせるようなキックを決められず、責任を感じている。
いいところもあったと思うので、上を向いて次の試合に備えたい。



(2)フレンチ・バーバリアンズ 65-41 JAPAN XV
【メンバー】
1長江有祐、2 堀江翔太、3畠山健介、4大野均、5真壁伸弥、6マイケル・リーチ、7ヘンドリック・ツイ、8菊谷崇、9田中史朗、10小野晃征、11小野澤宏時 、12田村優、13仙波智裕、(14)廣瀬俊朗、15五郎丸歩
【リザーブ】
16太田春樹、17浅原拓真、18山下裕史、19伊藤鐘史、20ホラニ龍コリニアシ、21日和佐篤、22有賀剛、23山田章仁
【スコア】
T:小野澤(前半1分)、田中(前半22分)、田村(後半15分)、山田(後半24,33分)、有賀(後半28分)
G:五郎丸(前半1,22分、後半15,28分)
PG:五郎丸(前半9分)

【入替/交替】
入替/後半9分 3 → 18
入替/後半9分 8 → 20
入替/後半14分 9 → 21
入替/後半17分 13 → 22
交替/後半19分 18 → 3
入替/後半26分 14 → 23
入替/後半29分 5 → 19

【エディー・ジョーンズHC】
フィジカル面がまだまだ足りない。
ただ成長の面は見ることができた。
チームのよかったところは、ボールを動かして世界のどのチームもやっていないラグビー、JAPAN WAYができたこと。
今日の試合では、10分間、うまくタックルに入れない時間帯があり、この10分間を繰り返さないようにしよう、と試合後に選手たちに伝えた。
今日は試合に臨む選手の気持ちが素晴らしかった。
この気持ちを忘れないようにして欲しい。
このヨーロッパ遠征は、15日間で4試合というスケジュールだったが、よくやってくれた。
チームの成長には目を見張っている。

【廣瀬俊朗 キャプテン】
後半にゲームが決まってから、ジャパンの形でゲームが動くようになったことが心残り。
自分たちの形を出せればいけるということがわかった。これからも、自分たちがやっていることを信じていきたい。
同じミスを繰り返すことなく、次の勝利に向かっていきたい。

【菊谷崇 バイスキャプテン】
自分たちが春から進歩している自信はあった。
相手のトライは自分たちのミスから。
こちらのミスに乗じた相手のリアクションはすごかった。
コンタクト、フィットネスの面でまだまだ足りないところがある。

【マイケル・リーチ 選手】
このチームは成長している。
厳しいスケジュールの中で皆よく頑張った。
結果は残念だったが、試合の中ではいいプレーもたくさんあった。
フランスの1部リーグの選手を相手に戦うことで、ジャパン一人ひとりの課題が見つかった試合だった。

【有賀剛 選手】
とにかくアタックだけを考えてグラウンドに入った。
インパクトがあるプレーもできたし、代表でのトライは久々だったので気持ち良くプレーできた。

【小野澤宏時 選手】
自分のトライはラッキーだった。
自分たちが自信を持てるところとまだまだなところとが、よく見えた試合だったので、しっかり目標を持って、これからもさらに頑張りたい。

【山田 章仁 選手】
勝ちたい試合だったが、勝てずに残念。
この経験をもとにこれからも頑張っていきたい。
2トライは皆でとったトライ。
最後に勢いをつけられてよかった。




◎大学選手権1st
東北学院 10-67 朝日
東北学院19-107福岡工業
朝日 67-10 福岡工業


◎関東大学対抗戦
早稲田 31-10 慶應義塾
日本体育 0-78 筑波


◎関東リーグ戦
中央 12-19 拓殖
関東学院 24-47 大東文化
法政 54-21 日本
通経済 12-34 東海


◎関西大学リーグ
京都産業 41-26 摂南
関西学院 62-17 近畿
大阪体育 15-34 立命館


◎イーストリーグ
秋田ノーザンブレッツ 11-26 日野自動車
東京ガス 13-22 栗田工業
横河武蔵野 44-27 日本IBM
釜石シーウェイブス 15-62 三菱重工相模原


◎トップウェストリーグ順位決定リーグ戦
中部電力 35-22 大阪府警察
豊田自動織機 42-14 Honda


◎トップキュウシュウ決勝リーグ
マツダ 46-10 中国電力
JR九州 50-12 新日鉄住金八幡
福岡銀行 34-17 山形屋


◎全国地区対抗大学大会代表決定戦
九州共立 34-35 福岡


◎九州トップクラブリーグ
帆柱クラブ 21-51 川南クラブ
玄海TANGAROA 25-31 福岡かぶと虫クラブ
宮崎クラブ 15-31 とうしろうクラブ


◎「第25回 女子ラグビー交流大会」クラブチームナンバー1決定戦「会長杯」試合結果
名古屋レディース 32-7 日本体育大学ラグビー部女子
【得点内訳】
名古屋:前半 4T、1G/後半 2T
日体大:後半 1T、1G


◎全国高校ラグビー大会予選

◆群馬12-7
1位:太田(初出場)
2位:高崎商業

◆埼玉22-7
1位:深谷高校(5年連続6回目)
2位:大宮

◆千葉63-0
1位:流経大柏(18年連続20回目)
2位:市立船橋

◆神奈川19-14
1位:桐蔭学園(8年連続12回目)
2位:慶應義塾
3位:

◆静岡17-15
1位:東海大翔洋(4年ぶり9回目)
2位:浜松工業


◆愛知3-0
1位:西陵(3年ぶり39回目)
2位:三好

◆岐阜55-7
1位:関商工(2年連続33回目)
2位:岐阜工業

◆三重38-24
1位:朝明(3年ぶり3回目)
2位:四日市農芸

◆滋賀55-0
1位:光泉(2年連続4回目)
2位:八幡工業

◆大阪第1 34-21
1位:常翔学園高校(2年連続33回目)
2位:東海大仰星

◆大阪第2 14-7
1位:大阪朝鮮高級学校(4年連続7回目)
2位:常翔啓光

◆大阪第3 30-14
1位:大阪桐蔭高校(2年ぶり7回目)
2位:同志社香里

◆兵庫20-7
1位:報徳学園(3年ぶり39回目)
2位:関西学院

◆奈良24-19
1位:御所実業(5年連続8回目)
2位:天理

◆鳥取20-15
1位:倉吉総合産業(2年ぶり3回目)
2位:米子東

◆岡山12-0
1位:倉敷工業(2年ぶり3回目)
2位:関西

◆広島85-0
1位:尾道(6年連続7回目)
2位:崇徳

◆山口33-13
1位:萩商工高校(11年連続19回目)
2位:大津・大津緑洋

◆愛媛19-0
1位:三島(3年ぶり3回目)
2位:北条

◆徳島15-0
1位:貞光工業(6年連続26回目)
2位:徳島市立

◆大分36-7
1位:大分舞鶴(27年連続51回目)
2位:大分雄城台

◆長崎35-33
1位:長崎南山(3年ぶり3回目)
2位:長崎北陽台

◆熊本17-17
1位:荒尾高校(2年ぶり6回目)、熊本西高校(2年連続10回目)の両校優勝
※抽選の結果、荒尾高校が全国大会への出場権を獲得しました。


*☆*。+゚∽゚+。*☆*。+゚∽゚+。*☆*

★「第92回 全国高等学校ラグビーフットボール大会」出場校
こちらでご確認ください→http://yoshimidiary.blog22.fc2.com/blog-entry-1361.html

★パナソニック
堀江翔太選手のスーパーラグビー 2013シーズンのメルボルン・レベルズ入りについて発表がありました。
【チームコメント】
田中のハイランダーズ入りに続き、堀江もITMカップからステップアップしてメルボルン・レベルズの一員としてスーパーラグビーに参戦するということは、チームとして非常に喜ばしいことです。
日本人初となるスーパーラグビープレーヤーがチームから同時に2人も誕生したことは光栄です。
それぞれの活躍を観ることも楽しみですが、チームも2人から刺激を受け、お互いに切磋琢磨していきたいと思います。

【堀江翔太 コメント】
メルボルン・レベルズの一員となることを非常に光栄に思います。
チームの勝利にできる限り貢献し、スーパーラグビーで日本人選手の可能性を証明したいと思います。
パナソニックなど、皆様のご理解とサポートで今回のような素晴らしい舞台に立つことができました。
皆様に恩返しができるように全力を尽くしたいと思います。


*☆*。+゚∽゚+。*☆*。+゚∽゚+。*☆*

それでは、質問・苦情・雑談etcは【名前入り】でマガに返信で♪絵文字使用禁止!!

テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

perfect★rugby840 
2012/11/13 【Tue】 00:12
CATEGORY【perfect★rugby】
購読はに空メ♪無料


※試合結果※

◎関東大学対抗戦
慶應義塾 42-13 日本体育

◎大学選手権東海北陸・中国四国代表決定戦
朝日 43-13 環太平洋


◎イーストリーグ
クボタ 75-0 釜石シーウェイブス
日本IBM 14-45 秋田ノーザンブレッツ


◎トップクラブ
三鷹オールカマーズ 22-39 YC&AC
RKUラグビー龍ヶ崎 10-33 マンダラ東京


◎九州トップクラブリーグ
福岡かぶと虫クラブ 36-12 宮崎クラブ
帆柱クラブ 10-41 玄海TANGAROA
川南クラブ 49-19 とうしろうクラブ
おたくさクラブ 15-49 甲南クラブ
ウルトラマンクラブ 20-7 シザースクラブ
熊本サンデーズクラブ 55-12 コザクラブ


◎全国高校ラグビー大会予選

◆茨城県64-10
1位:茗溪学園(3年ぶり18回目)
2位:清真学園

◆東京第一53-5
1位:國學院久我山(22年連続38回目)
2位:明大中野

◆東京第二12-7
1位:東京(2年連続9回目)
2位:目黒学院

◆山梨29-3
1位:日川(7年連続42回目)
2位:桂

◆石川71-0
1位:日本航空石川(8年連続8回目)
2位:鶴来

◆福井29-7
1位:若狭東(2年連続26回目)
2位:若狭

◆京都16-14
1位:伏見工業(2年ぶり19回目)
2位:京都成章

◆香川31-29
1位:坂出工業(2年連20回目)
2位:三豊工業

◆高知5-0
1位:土佐塾(5年ぶり12回目)
2位:高知中央

◆宮崎27-0
1位:高鍋(2年連続25回目)
2位:日向

◆鹿児島41-0
1位:鹿児島実業(2年ぶり14回目)
2位:鹿児島工業



*☆*。+゚∽゚+。*☆*。+゚∽゚+。*☆*

★11月10日 ルーマニア代表戦 日本代表ヘッドコーチ・キャプテン・選手コメント

【エディー・ジョーンズHC】
日本ラグビーの歴史的な瞬間。
ヨーロッパでの初めての勝利がこのような形で嬉しい。
スクラムはあまりよくなかったが、ラインアウトが素晴らしく、ボールをキープする時間も長かった。
62キャップ目を獲得した大野が素晴らしかった。
2度、1点差に迫られる場面があったが、勝てる雰囲気は続いていた。
前半最後のトライで、優位な立場につけることができたと思う。
日本ラグビー、そして選手にとってもハッピーな結果になった。

【廣瀬俊朗 キャプテン】
本当に嬉しい。
様々な人たちの思いがあるので、その人たちの分も喜びたい。
相手のペースになりそうな時間帯もあったが、自分たちのやるべきことを我慢しながらやり切った。
春シーズンの日本代表ではできなかったこと。
戦術が浸透してきていて、選手もそれを信頼している。
新しい一歩を踏み出すことができた。
しかし、次のグルジア戦に勝ってこそ、今日の勝利は意味がある。

【大野均選手】
フォワードとして日本の最多キャップに並ぶ試合で、フォワードの強いルーマニア代表に勝てたことを嬉しく思う。
ヨーロッパでの2勝目に向けて、今日の課題を修正して、次のグルジア戦に備えたい。




★全国大学選手権大会ファーストステージ出場校
※既に流した大学も併せて流します※

東北・北海道代表校:東北学院大学 (初の全国大学選手権出場)
東海北陸・中国四国代表:朝日大学 (初の全国大学選手権出場)
九州代表校:福岡工業大学 (2大会連続21回目の全国大学選手権出場)

*☆*。+゚∽゚+。*☆*。+゚∽゚+。*☆*

それでは、質問・苦情・雑談etcは【名前入り】でマガに返信で♪絵文字使用禁止!!
perfect★rugby839 
2012/11/11 【Sun】 01:20
CATEGORY【perfect★rugby】
購読はに空メ♪無料

※試合結果※

◎日本代表「11月ヨーロッパ遠征」

日本 34-23 ルーマニア

【メンバー】
1長江有祐,2堀江翔太,3山下裕史,4大野均,5トンプソンルーク,6ヘンドリック・ツイ,7マイケル・リーチ,8菊谷崇,9田中史朗,10小野晃征,11小野澤宏時,12立川理道,13仙波智裕,(14)廣瀬俊朗,15五郎丸歩
【リザーブ】
16太田春樹,17浅原拓真,18畠山健介,19ホラニ龍コリニアシ,20マイケル・ブロードハースト,21日和佐篤,22田村優,23有賀剛
【スコア】
T:菊谷(前半43分)、PT(後半29分)、小野澤(後半39分)
G:五郎丸(後半30・37分)
PG:五郎丸(前半6・11・22・40・42分)
【交代】
≪後半25分≫
3→18、5→20
≪後半26分≫
6→19
≪後半36分≫
9→21、13→23
【ルーマニア得点経過】
 T(後半19分)、PT(後半32分)、G(後半20・32分)、PG(前半4・17・36分)

※大野がFWとして、最多capの伊藤剛臣の62に並びました!また、歴代3位のcap数です。


◎関東大学リーグ戦
大東文化 5-47 日本
関東学院 12-76 流通経済


◎関西大学Aリーグ
京都産業 33-48 関西学院
立命館 24-21 同志社
摂南 22-64 近畿
大阪体育 21-45 天理
※天理が6戦連勝となり、1試合を残して3季連続7度目の優勝が決まりました。


◎九州学生リーグ
全国地区対抗大学大会代表決定戦
日本文理 78-10 長崎
(Ⅰ-5位×Ⅰ-6位)
九州 12-44 鹿児島
(Ⅰ-4位×Ⅰ-7位)
福岡 78-0 西南学院
(Ⅰ-3位×Ⅰ-8位)


◎イーストリーグ
三菱重工相模原 67-10 栗田工業
東京ガス 26- 8 日野自動車
横河武蔵野 15-17 ヤクルト


◎トップウェストリーグ順位決定リーグ戦
honda 40-8 大阪府警察
(2位×4位)
豊田自動織機 57-15 中部電力
(1位×3位)


◎全国高校ラグビー大会予選
◆福島12-5
1位:平工業(4年ぶり13回目)
2位:磐城

◆栃木95-5
1位:國學院大學栃木(13年連続18回目)
2位:佐野

◆新潟80-0
1位:新潟工業(9年連続37回目)
2位:新発田南

◆富山50-15
1位:富山第一(2年連続7回目)
2位:高岡第一

◆長野15-114
1位:岡谷工業(2年ぶり25回目)
2位:飯田

◆若山19-14
1位:和歌山工業(4年連続20回目)
2位:熊野

◆福岡24-17
1位:東福岡(13年連続23回目)
2位:筑紫


*☆*。+゚∽゚+。*☆*。+゚∽゚+。*☆*


★「ジュニア・ジャパン」強化合宿スケジュール・参加メンバー

≪FW:10名≫
北川 賢吾:同志社大学(2年)
三上 正貴:東芝
吉田 康平:トヨタ自動車
有田 隆平:コカ・コーラウエスト
坪井秀龍:中国電力
新関 世志輝:クボタ
小野寺 優太:NEC
西内 勇人:法政大学(2年)
長谷川 崚太:大東文化大学(1年)
徳永 祥堯:関西学院大学(2年)

≪BK:6名≫
中尾 康太郎:早稲田大学(2年)
岩村 昴太:同志社大学(1年)
渡辺 夏燦:同志社大学(1年)
小原 政佑:東海大学(2年)
増田 慶介:東芝
橋野 皓介:キヤノン

≪2012年A5N日本代表スコッド≫
藤田慶和:早稲田大学(1年)

≪2012年強化合宿(長野・菅平)参加 日本代表候補≫
宇佐美 和彦:立命館大学(3年)



*☆*。+゚∽゚+。*☆*。+゚∽゚+。*☆*

それでは、質問・苦情・雑談etcは【名前入り】でマガに返信で♪絵文字使用禁止!!

テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

perfect★rugby838 
2012/11/06 【Tue】 06:58
CATEGORY【perfect★rugby】
購読はに空メ♪無料


※試合結果※

◎ワールドカップ・セブンズ2013 アジア地区予選 兼 HSBCアジアセブンズシリーズ第四戦「シンガポールセブンズ」男子7人制日本代表 試合結果

◆ワールドカップ・セブンズ2013アジア地区予選 男子7人制日本代表 大会規定番号
1.桑水流裕策、2.後藤駿弥、3.仲宗根健太、4.四至本侑城、5.ロテ・トゥキリ、(6)坂井克行、7.成田秀悦8.和田耕二、9.荒牧佑輔、10.加藤祐太、11.シオネ・テアウパ、12.横山健一


(1)プールD 第1戦
日本 57-0 インドネシア

【メンバー】
▽FW 1.桑水流裕策(後半4分→2.後藤駿弥)、3.仲宗根健太(後半6分→10.加藤祐太)、11.シオネ・テアウパ(後半0分→4.四至本侑城)
▽BK 8.和田耕二(後半0分→7.成田秀悦)、(6)坂井克行、5.ロテ・トゥキリ(後半2分→9.荒牧佑輔)、12.横山健一
【リザーブ】
2.後藤駿弥、4.四至本侑城、7.成田秀悦、9.荒牧佑輔、10.加藤祐太
【スコア】
T:11.テアウパ(前半0、5分)、1.桑水流(前半2分)、5.トゥキリ(前半3分)、12.横山(前半6分、後半4分)、3.仲宗根(後半0分)、7.成田(後半1分)、2.後藤(後半5分)
G:6.坂井(前半0、2、3、5分、後半0、1分)


(2)プールD 第2戦
日本 35-0 スリランカ

【メンバー】
▽FW 1.桑水流裕策(後半5分→2.後藤駿弥)、3.仲宗根健太、11.シオネ・テアウパ(後半5分→4.四至本侑城)
▽BK 8.和田耕二(前半6分→7.成田秀悦)、(6)坂井克行、5.ロテ・トゥキリ(後半5分→9.荒牧佑輔)、12.横山健一
【リザーブ】
2.後藤駿弥、4.四至本侑城、7.成田秀悦、9.荒牧佑輔、10.加藤祐太
【スコア】
T:11.テアウパ(前半2、6分)、7.成田(後半2分)、5トゥキリ(後半4分)、9.荒牧(後半6分)
G:6.坂井(前半2、6分、後半2、4、6分)


(3)カップ準々決勝
日本 47-0 シンガポール

【メンバー】
▽FW 1.桑水流裕策(後半1分→2.後藤駿弥)、3.仲宗根健太、4.四至本侑城
▽BK 7.成田秀悦、(6)坂井克行(後半0分→9.荒牧佑輔)、5.ロテ・トゥキリ(後半4分→11.シオネ・テアウパ)、12.横山健一(後半4分→10.加藤祐太)
【リザーブ】
2.後藤駿弥、8.和田耕二、9.荒牧佑輔、10.加藤祐太、11.シオネ・テアウパ
【スコア】
T:5.トゥキリ(前半1、3分、後半3分)、12.横山(前半4分、後半0分)、1.桑水流(前半6分)、7.成田(後半6分)
G:6.坂井(前半1、3、6分)、9.荒牧 3G(後半0、3、6分)


【瀬川智広HC】
ゲーム経験の少ない選手たちが試合を重ねることで、尻上がりに調子が上がってきた。
このチームはどこにも負けないだけの距離を走ってきている。
暑さにもなれたことで、環境面での影響はない。
今日はレベル差のある相手との試合が続いたが、明日はより質の高いチームを相手に、ブレイクダウンで確実にボールを出し続け、日本代表が目指しているボールを動かすラグビーをできるかがポイントとなる。

【坂井克行キャプテン】
プールの2試合は、防御でインドネシア、スリランカ共に得点を許さなかったことには満足しているが、攻撃では自分たちが目指している、ボールを動かすラグビーを十分にやり切ることができず、課題が残った。
シンガポールとの準々決勝は今日の3試合の中で一番良い内容で、3試合目にもかかわらず、身体も一番動いていた。
明日はどの相手にも、ボールを動かして攻撃をしかける自分たちのラグビーを出すことを意識して戦いたい。


(4)カップトーナメント準決勝
日本 17-7 フィリピン

【メンバー】
▽FW 1.桑水流裕策、3.仲宗根健太、11.シオネ・テアウパ
▽BK 7.成田秀悦、(6)坂井克行(後半6分→9.荒牧佑輔)、5.ロテ・トゥキリ、12.横山健一
【リザーブ】
2.後藤駿弥、4.四至本侑城、8.和田耕二、9.荒牧佑輔、10.加藤祐太
【スコア】
T:7.成田(前半1分)、3.仲宗根(前半3分)、5.トゥキリ(後半3分)
G:6.坂井(前半1分)


(5)カップトーナメント決勝
日本 14-12 香港

【メンバー】
▽FW 1.桑水流裕策、3.仲宗根健太、4.四至本侑城(後半0分→11.シオネ・テアウパ)
▽BK 7.成田秀悦、(6)坂井克行(後半9分→9.荒牧佑輔)、5.ロテ・トゥキリ、12.横山健一
【リザーブ】
2.後藤駿弥、8.和田耕二、9.荒牧佑輔、10.加藤祐太、11.シオネ・テアウパ
【スコア】
T:6.坂井(後半4分)、12.横山(後半9分)
G:6.坂井(後半4、9分)
【シンビン】
1.桑水流(後半9分)
【香港得点経過】
▽トライ 2T(前半4、8分)▽コンバージョン 1G(前半8分)

【瀬川智広HC】
ワールドカップ・セブンズの出場権をアジアナンバー1として勝ち取れた。
ただし、ここが終着点ではなく、7人制日本代表の強化の出発点として、世界に向けて強化に取り組んでいきたい。
ここまでの過程では、ムンバイセブンズで香港に敗れてHSBCアジアセブンズシリーズのチャンピオンを逃していただけに、今回、香港と決勝を戦って勝ったことは価値があると思う。
このチームがスタートしてから約2カ月、厳しい練習を続けてフィットネスを高めてきたので、決勝の前半にリードされても、後半に必ず逆転できると信じていた。

【坂井克行キャプテン】
女子が先にワールドカップ・セブンズ出場を決めてくれたので男子も絶対に出場という思いと、ムンバイセブンズで負けた香港にリベンジして優勝したいという2つの目標を達成できたので、とても嬉しい。
決勝は前半0-12と苦しい展開になったが、自分たちのやってきたラグビーを信じて戦った。
バックアップも含めた選手とスタッフ、さらに現地で応援して下さった方々の全員で勝ち取った優勝だと思っている。
(決勝後半9分の右タッチライン近くからの決勝勝ち越しコンバージョンは)蹴った時に入ったと確信して、旗があがるのも確認しなかった。


◎関東大学対抗戦
早稲田 27-37 帝京
慶應義塾 14-42 明治
筑波 78- 0 青山学院


◎関東大学リーグ戦
中央 31-33 法政
東海 69-0 大東文化


◎関西大学Aリーグ
同志社 34-33 大阪体育
天理 24-20 立命館
近畿 38-10 京都産業
関西学院 40-7 摂南


◎九州学生リーグ
九州共立 52-14 日本文理
(A-4位×A-3位)

福岡 38-40 福岡工業
(A-1位×A-2位)

西南学院 27-29 鹿児島
(B-2位×B-1位)

九州 24-22 長崎
(B-3位×B-4位)


◎トップクラブ
RKUラグビー龍ヶ崎 24-69 北海道バーバリアンズ
駒場WMM 48-22 YC&AC
三鷹オールカマーズ 8-30 マンダラ東京


◎トップウェストAリーグ
大阪府警察 14-16 中部電力
JR西日本 0-87 honda


◎イーストリーグ
栗田工業 10-48 釜石シーウェイブス
日野自動車 7-60 三菱重工相模原
秋田ノーザンブレッツ 10-15 ヤクルト


◎トップキュウシュウ
マツダ 19-64 コカ・コーラ
山形屋 10-62 中国電力
福岡銀行 61-14 新日鉄住金八幡


◎大学選手権東北・北海道代表決定戦
東北学院 17-10 道都

◎全国高校ラグビー大会予選
◆島根県:202-0
1位:石見智翠館(22年連続22回目)
2位:出雲

◆佐賀県182-5
1位:佐賀工業(31年連続41回目)
2位:鳥栖工業


◆沖縄県38-22
1位:コザ高校(2年連続12回目)
2位:名護


*☆*。+゚∽゚+。*☆*。+゚∽゚+。*☆*

★「ワールドカップ・セブンズ2013」女子7人制日本代表第1次候補選手(トレーニングスコッド)
兼松 由香:名古屋レディース
伊藤 絵美:名古屋レディース
竹内 亜弥:世田谷レディース
中村 知春:PHOENIX
加藤 慶子:世田谷レディース
鈴木 彩香:立正大学ラグビー部
片嶋 佑果:Rugirl-7
桑井 亜乃:Rugirl-7
山口 真理恵:Rugirl-7
鈴木 育美:TKM7
井上 愛美:RKUラグビー龍ヶ崎
冨田 真紀子:世田谷レディース
鈴木 実沙紀:関東学院大学ラグビー部
横尾 千里:世田谷レディース
三樹 加奈:立正大学ラグビー部
谷口 令子:世田谷レディース
鈴木 陽子:立正大学ラグビー部
山田 怜:TKM7
星野恵:日本体育大学ラグビー部女子
大黒田 裕芽:市立船橋高校


★TL MOM第8節
ヤマハ:12.マレ・サウ
トヨタ自動車:10.スティーブン・ブレット(2)
九州電力:6.松本允
サントリー:10.ピーター・ヒューワット
リコー:9.池田渉
パナソニック:6.バツベイ シオネ
神戸製鋼:13.ジャック・フーリー(2)


★TLリーグ戦100試合出場
10月27日に開催された、TL第8節のキヤノン×ヤマハ発動機において、大田尾 竜彦選手(ヤマハ発動機)が、パナソニック×近鉄において、三宅 敬選手(パナソニック)が、TLリーグ戦通算100試合出場を達成しまた。


★全国大学選手権大会ファーストステージ出場校
東北・北海道代表校:東北学院大学 (初の全国大学選手権出場)
九州代表校:福岡工業大学 (2大会連続21回目の全国大学選手権出場)


*☆*。+゚∽゚+。*☆*。+゚∽゚+。*☆*

それでは、質問・苦情・雑談etcは【名前入り】でマガに返信で♪絵文字使用禁止!!

テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。